腕ニキビはこれで解決できる!その方法とは

二の腕のニキビ

腕ニキビ、特に思春期の方で悩んでいる方が多いかと思いますが、その対策方法についてご紹介しましょう。バスソルトやあかすりも効果的ですが、ニキビを予防・改善していくクリームやスキンケア用品を使っていくこともおすすめ。

塩やバスソルトを活用する

お風呂の時に、天然の塩を使ってマッサージするという方法があります。ただ、ニキビが炎症をおこしているとしみて痛く、悪化させてしまうこともありますので、こすったりせずにバスソルトを使って肌をきれいにして血行を促していくのが良いかもしれませんね。

塩を使うとき、注意点があります。ただの塩でよいというわけではなく、いわゆる「天然塩」もしくは、海の塩もなどを使うのがポイントです。

傷になっているときに塩を使うととってもしみるので、肌の状態がいつもより良いときに、少しずつ試してみてくださいね。

腕ニキビを増やさないためにか垢すり

垢すりも腕ニキビには欠かさずやるようにしましょう。

ただし、あまりにもニキビが若い、白ニキビだったりとかすると、跡に残る可能性もありますから、ある程度落ち着いた状態の腕ニキビの時に、定期的に垢すりを行いましょう。

こうすることで、肌の汚れを除去することができるので、新たなニキビができるのを防ぐのにつながるからです。垢擦りを行った後も、肌を保護するために保湿クリームなどはしっかりと塗りましょう。

ピーリングジェルで肌をいたわろう

顔にピーリングジェルをつける方は多いですが、あまりそれ以外の場所に浸けようと思った方はいないでしょう。

そうです、ピーリングジェルを腕ニキビにつけることで、ある程度治すことができるのです。

肌の表面の汚れを除去することができるので、新たなニキビの予防につながりますし、ニキビ予防のための化粧水などをしみこませたりするのも良いですね。

ですので、ぷるぷる肌を保つため、さらに、ニキビ予防のために、ピーリングジェルを使うのはおすすめです。

こういった方法をとることによって、徐々に腕のニキビはなくなっていきますので、定期的にこういったお肌対策をとるようにするのが、腕ニキビには効果的です。

肌の保湿、専用のクリームを使ってみよう

バスソルトや垢すり、ピーリングなども大切ですが、美白効果のある保湿クリームを使って毎日ケアしていくことも大切です。ニキビは乾燥するとできやすくなってしまいます。それは、二の腕でも体のどの部分でも同じです。

体やお尻ニキビ専用のジェルも販売され、こちらのジェルは二の腕にも使うことができます。さらっとしていてべたつくことなく、使いやすいです。

>>ピーチローズの口コミ

使い方なども細かく説明が掲載されています。ぜひ一度チェックしてみてください。

SNSでもご購読できます。