デコルテにできてしまったニキビはとにかく優しく洗おう

体にニキビができることがあるのですが、一番できて嫌だったのがデコルテのニキビでした。お尻や二の腕などは普段隠すことができますが、デコルテはちょっとしたことで見えてしまう場所です。気になって触っていて悪化させてしまったこともありました。デコルテのニキビは目立つし、治すのも厄介でした。私が試したデコルテニキビの改善法をご紹介します。

刺激の低い石鹸で洗う

まず、私がしたことは刺激の低い石鹸で洗ことです。市販でも通販でも、なんでもよいので、とにかく泡立ちが良くて刺激の低いものを探しました。手作り石鹸は余計なものが入っていなかったので良かったですが、泡立ちの悪いものが多かったので最終的に私は赤ちゃん用のベビーソープを使いました。

赤ちゃん用のベビーソープは泡で出てくるものが多いので、泡立てる必要もなくてとても便利です。ポンプから出してそのまま使えるのでとても楽ちんで、洗顔もこのベビーソープを使っていました。

とにかく、このあわでしっかりとデコルテを洗います。この時にこすったりすると、ニキビが悪化してしまうので泡をのせるような感じで洗うのがポイントです。菌が泡と一緒に流れていけばよいので、顔をあらような感じでデコルテも優しく一緒に洗います。

この時、体を洗うときのように、ボディータオルなどを使わないことです。私は体に気きびができたときは、デコルテに限らず極力こすらないようにして洗っています。その方が早く治ると感じています。

洗った後は保湿!できればニキビ用のものを

洗った後はしっかり保湿することが大切なのですが、この時使用するのはニキビ用のローションがおすすめです。ニキビ用のものであれば、特にメーカーなどは気にしないのですが、保湿力が高すぎるものを選ぶと、脂分があり、ニキビが悪化してしまう可能性があります。

できればさっぱり使えるものがおすすめです。ニキビ用のローションはさっぱり使えるものも多く、殺菌作用があるものが多いので、ニキビの悪化を抑えることができるのです。

ニキビ用のものはたくさんありますよね。お試しサイズの安いものも多いので、そのようなものを試しながら、自分にあったものを探していくのが良いと思います。

ニキビは清潔にしてしっかり保湿すると、良くなることがほとんどです。根気良く続けてみてくださいね。

SNSでもご購読できます。